白髪染めには3つの種類がある

白髪が目立ってきたら、かなり気になりますよね。

根元から1cm伸びただけでも分け目になるとその倍の2cmになってしまいますから、すごく目立ってしまいます。

しかし、1箇月くらいで美容室に染めに行くのは経済的にも大変です。

そこで、自分で染める工夫をされている方も多いと思います。

自分で白髪染めをするにはどういう方法があるのか、そしてそれぞれの方法で染めた場合に髪はどういう風に染まっていくのかなど、ダメージや染まり具合も含めてご紹介します。

まず、白髪染めには大きく分けて3つの種類があることを覚えてください。

①永久染毛剤②半永久染毛剤③一時的染毛剤です。

①永久染毛剤は、ヘアカラーやヘアダイ、2剤式白髪染めがあります。

②半永久染毛剤は、ヘアマニキュア、ヘアカラートリートメント、ヘアカラーシャンプー、酸性カラーなどがあります。

③一時的染毛剤は、ヘアファンデーション、ヘアマスカラ、ヘアカラースプレーなどがあります。

①の永久染毛剤は、薬剤によってキューティクルを開かせ、染色剤を定着させます。

刺激の強い薬剤を使っているため、白髪はよく染まりますし色も落ちにくいのですが、髪や頭皮のダメージを受けやすいというデメリットがあります。

②の半永久染毛剤では、キューティクルは開かず、表面から内側に色を浸透させていきます。

そのため髪や頭皮にかかる負担は少ないのですが、①に比べると色があまり定着しない感じがあり、多少の色落ちもあります。

しかし回数を重ねることによりどんどん内部に浸透してきますから、染まり具合はだんだんよくなっていきます。

③は、その都度塗っていくものですから、濡れると色落ちして手や洋服につくこともあります。

塗るものについては地肌にはほとんど影響はないと思いますが、スプレー等は頭皮のかゆみなどのトラブルがある場合もあります。

人気の白髪染めはコチラ⇒白髪染めなら「スカルプDボーテ」人気 ヘアカラートリートメント | スカルプD公式通販 | シャンプー・エイジングケアのアンファーストア | ANGFA

  • Posted on 15. 9月 2016
  • Written by admin01
白髪染めには3つの種類がある はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.