永久染毛剤による白髪染めは、1剤と2剤を混ぜて使う2剤式が多いです。

1剤には酸化染料とアルカリ剤が含まれています。

まずは、この中のアルカリ剤(アンモニア成分)で一時的に髪の毛のキューティクルを開かせ、酸化染料の色が定着するのを助けます。

次にアルカリ剤が2剤の酸化剤(過酸化水素)を分解して酸素を発生させます。

このとき発生した酸素は髪の毛の色のもとであるメラニン色素を分解して脱色させます。

それと同時に1剤に含まれる酸化染料が酸素と反応して発色します。

酸化染料は酸素に触れていないときには無色ですが、酸素と触れることによって酸化反応で発色するのです。

発色した酸化染料の分子は、アルカリ剤で一時的に開いたキューティクルの間から浸透していきます。

発色した染料はくっつき合うので、元の分子より大きくなりキューティクルの間から染料が逃げることはほとんどありません。

こうして髪の毛が染まっていくのです。

次に②の半永久染毛剤が髪を染めていくようすをご紹介します。

ここでは特にヘアカラートリートメントについてご紹介します。

ヘアカラートリートメントは、その名の通りトリートメントですから、髪を染める成分の他に髪を美しく保つ成分も含まれています。

①の永久染毛剤と違ってキューティクルを開いたりせず、むしろキューティクルを整えながら色素を外側から内部に浸透させていきます。

1度でしっかり染まるのではなく、何回か繰り返すうちにどんどん内部に浸透していくことで、しっかりとした色に染まっていきます。

外側から浸透していくため、黒い髪を明るい色にするようなことはできません。

一般的には白髪染めとして使用します。

③一時的染毛剤は、とにかく塗るものです。

ヘアファンデーションにしてもヘアマスカラにしても、生え際などちょっと気になるところに部分的に使うもので全体を染めるようなものではありません。

一時的に色がつきますが、その色が髪の毛に定着することはありません。

シャンプーすれば簡単に落とすことができます。

白髪染めはどういう風に染まっていくのでしょう はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.