永久染毛剤での白髪染めのように事前に準備するものは特にありません。

ヘアカラートリートメントとシャワーキャップやラップを準備するだけです。

ヘアカラートリートメントにはシャンプー前に塗るものとシャンプーのあとに塗るものがあります。

どちらかというとシャンプー前に塗るタイプの方が染まりやすいようですので、まずはそちらから紹介します。

(1)シャンプー前の乾いた髪に永久染毛剤で染める時と同じように髪を小分けにしながら、下の方からしっかりと塗っていきます。

シャワーキャップやラップで覆い、指定の時間待ちます。

(2)シャンプーで洗い流し、コンディショナーなど普段のシャンプー時と同じケアをします。

ヘアカラートリートメントをしっかり流すために、シャンプーの時には色のついた泡(水)が出なくなるまでしっかりと洗いましょう。

次にシャンプーのあとにトリートメントをする手順です。

(1)シャンプーします。

(2)タオルで水気をなるべく取ったあと、ヘアカラートリートメントを髪全体に塗り(他の方法と同じように髪を小分けにして下からまんべんなく塗るようにしましょう)、シャワーキャップやラップで覆います。

指定の時間待ち、色のついた泡(水)が出なくなるまでしっかりすすぎます。

気になるようならこのあとコンディショナーなどでケアするといいでしょう。

もともとトリートメントなのですから、もちろんそのままでもかまいません。

ヘアカラートリートメントは髪の毛に負担が少ない白髪染めですが、製品により成分が異なります。

髪の保湿や補修の成分であるセラミドやプロケラチンなどの成分が入っているものを使用するとより髪をいたわることができます。

この方法で特に気をつけることは、放置時間をしっかり守るということです。

短いとよく染まらないですし、長いと地肌にダメージを与えることになってしまう場合があります。

半永久染毛剤による白髪染めの手順 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.