色の定着については、なんといっても永久染毛剤が一番です。

一度染まったところはなかなか落ちませんし、何度も重ねて染めていくことでより一層落ちにくくなります。

まるで自分の髪の毛に、最初から白髪がなかったかのような錯覚を起こすほどです。

ただ、次の白髪染めまでの期間によっては、くっきりと色が分かれてしまい、分け目などは特にはっきりとわかってしまうことが多いです。

期間を短くすると軽減されますが、髪や地肌への負担と経済的な負担がかかってしまいます。

半永久染毛剤での白髪染めも回数を重ねることで徐々に色の定着もよくなりますが、やはりどうしても色落ちがあり永久染毛剤には及びません。

次に髪や地肌にやさしいという面では、半永久染毛剤が一番です。

美容室に行かなくても自分の家で、しかもシャンプーの時に少し時間をかけるだけで染められますから、経済的にもやさしいですね。

最初の一週間くらいは毎日やった方がいいですが、染まってきたら週に2~3回、さらに週に1回くらいと回数を減らしていくこともできます。

そもそもトリートメントですから、髪をいたわりその上白髪も染まると一石二鳥のはたらきですね。

髪や地肌にやさしいといえば、一時的染毛剤もあります。

文字通り一時的に染めるだけですので、髪へのダメージはほとんどないでしょう。

しかし、スプレーを使ったときなどに地肌についてしまうと、頭皮にかゆみを感じることもあるので要注意です。

参考記事…どちらがいいの?「ヘアカラー」と「ヘアマニキュア」の違い – NAVER まとめ

他のタイプでは地肌につけない限り、大丈夫でしょう。

永久染毛剤と半永久染毛剤の併用もいいですね。

たまに美容室に行ってしっかり染めてもらったあとは、しばらくヘアカラートリートメントなどでお手入れをして、また少し目立つようになったら美容室へというのもいいと思います。

もちろん美容室に行かず自分で染めてもいいのですが、そのときには染毛剤の成分をよく確認の上、必ずパッチテストを行ってから染めてください。

一度ひどいダメージを受けた頭皮は回復に相当の時間がかかりますよ。

白髪染めのいいところ、よくないところ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.